マンゴスチンの効能

2005年09月24日

マンゴスチンの抗炎症作用5

マンゴスチンには抗炎症作用があると言われています。

わたしたちの皮膚の表面はいろいろな原因で炎症が出ることがあります。

虫さされやかぶれ、湿疹のときもそうですが、アトピー性皮膚炎では皮膚が慢性的に炎症を起こしているのです。

少し難しい話ですが、『驚異のマンゴスチンパワー』というマンゴスチンの効能について詳しく説明している本によると、「シクロオキシゲナーゼという酵素が作られるときに、アラキドン酸がプロスタグランジンの形をしたホルモン様物質に変わるときに炎症が起こる」そうです。

そして、マンゴスチンに含まれるキサントンという物質は、このシクロオキシゲナーゼを抑制して、アラキドン酸がプロスタグラジンへ転換するのを抑制するので、マンゴスチンには抗炎症作用があると言われています。

外国語みたいでさっぱりですが、簡単に言うと、マンゴスチンに含まれるキサントンは炎症のもとになる物質が作られるのを防いでくれるのです。

つまり、マンゴスチンは、顔などの肌の炎症であるニキビ、疲れなどからくる肌荒れ、などの肌のトラブルの解消を助ける女性の心強い味方なんですね

そんなマンゴスチンの抗炎症作用を使いやすく商品化したのが、ニキビや吹出物にパワーを発揮するマンゴスチン・フェイシャル・ジェルです。

このジェルタイプのマンゴスチン石鹸は、マンゴスチンの抗炎症作用だけでなく、抗酸化作用によって、皮膚の表面にいる雑菌の殺菌や、シミやシワ・老化の原因と言われる活性酸素による肌のサビを落としてくれるのです。

しかも、シルクが配合されていて、紫外線がお肌を守るので一石三鳥でしょうか。とってもオススメです。ぜひ、どんなものか見るだけでも見てみてほしいです。

肌のことを気にするのは、何も女性だけではありません。ニキビや油肌に悩む男性のためにマンゴスチンジェル・クールというジェルタイプのマンゴスチン石鹸があります。

さっぱり感と同時にニキビなどの炎症を抑える作用も期待されて、クールに決めたい男性にオススメですよ。

 


kawada_family at 22:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年09月23日

マンゴスチンのすごさの秘訣:キサントン5

どうして「マンゴスチンは健康にいい」、と言われるのでしょう?
今ブームのマンゴスチンの最大の特徴って何?
マンゴスチンの何がいったいすごいの?
なんでマンゴスチンにそんなに魅せられたの?
どうしてマンゴスチンのことをそんなに人に伝えたくなったの?
 
ずばり答えは、「キサントン」にあります。
これに尽きます。
マンゴスチンの効能を説明するにも、この成分について説明しないと話になりません。
 
  ・おいしい
  ・「フルーツの女王」と呼ばれてて素敵
  ・なんとなくトロピカルの雰囲気が好き
  ・なんか流行っててかっこいい
 
こういった理由もありますが、それらに加えて、なんと言ってもキサントンのすごさを知って、
 
こんなに人の役に立つ神秘的なフルーツって本当にすごい!
と感動しました。
だから、こんなに好きになったんです。
それで、医学的なバックグラウンド全くなし、完全な素人のわたしですが、「楽しく調べてお伝えしちゃおう!」、と思ったのです。
 
え?
いいからキサントンの何がすごいか早く教えろって?
それはキサントンの持つ抗酸化作用がすごいんです。
 
その他にも下に挙げるような健康作用があると『奇跡の健康フルーツ「マンゴスチン」』の中で詳しく紹介されています。

・抗菌作用、殺菌作用(天然抗生物質といわれる)

・抗ウィルス作用

・抗糖尿病作用

抗炎症作用

・抗発ガン作用

・血管循環器系のトラブル解消効果

・血液中のコレステロール低下作用

・心臓の保護作用

・抗HIV(エイズ)効果(現在研究が進行中らしいです)

・抗うつ作用

・結核予防作用

・抗白血病作用

・抗腫瘍作用

・抗潰瘍作用

「もういい加減にして〜」「ホントにそんないろんな効能があるの〜?」
 
それはまた少しずつ紹介しますね。
お楽しみに。

kawada_family at 18:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年09月21日

マンゴスチンの美肌作用14

女性必読!
 
すでにマンゴスチン石鹸(ソープ、洗顔フォーム、ジェル状のもの)、マンゴスチンクリームなど、かなりの種類の美容製品が日本でも売られています。
もちろん、地元タイなどでも美肌用の石鹸などがよく売られているようです。
わたしも行ってみたい!(^^)!
 
そうなんです。
ただ、ブームになってきたから皆さんが売ったり買ったりしているわけじゃないんです。
果皮と果実に含まれるキサントンと呼ばれる物質によるところが大きいのです。
 
特に果皮にたっぷり含まれているキサントンと、果肉に含まれるミネラルやビタミン(特に美肌ビタミンでもあるビタミンC)、食物繊維(整腸作用)、カテキンなどとの相乗効果で、抗酸化作用抗菌作用抗炎作用が働き、肌のトラブルが解決し、肌がスベスベになったり、美白効果があるようです。(『驚異のマンゴスチンパワー』という本に詳細が分かり易く載っていますよ)
最近注目されてる「アジアン・ビューティー」もマンゴスチンによるところもあるのでしょうか。
 
キサントンとその抗酸化作用、抗菌作用、抗炎作用などや、実際の体験談については折に触れて紹介していきますね。

kawada_family at 20:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
参考グッズ
●マンゴスチンとその主要成分キサントンの薬理効果についてはこの2冊で詳しく勉強
【驚異のマンゴスチンパワー】
【奇跡の健康フルーツ「マンゴスチン」】



プロフィール