2005年09月24日

マンゴスチンの抗炎症作用5

マンゴスチンには抗炎症作用があると言われています。

わたしたちの皮膚の表面はいろいろな原因で炎症が出ることがあります。

虫さされやかぶれ、湿疹のときもそうですが、アトピー性皮膚炎では皮膚が慢性的に炎症を起こしているのです。

少し難しい話ですが、『驚異のマンゴスチンパワー』というマンゴスチンの効能について詳しく説明している本によると、「シクロオキシゲナーゼという酵素が作られるときに、アラキドン酸がプロスタグランジンの形をしたホルモン様物質に変わるときに炎症が起こる」そうです。

そして、マンゴスチンに含まれるキサントンという物質は、このシクロオキシゲナーゼを抑制して、アラキドン酸がプロスタグラジンへ転換するのを抑制するので、マンゴスチンには抗炎症作用があると言われています。

外国語みたいでさっぱりですが、簡単に言うと、マンゴスチンに含まれるキサントンは炎症のもとになる物質が作られるのを防いでくれるのです。

つまり、マンゴスチンは、顔などの肌の炎症であるニキビ、疲れなどからくる肌荒れ、などの肌のトラブルの解消を助ける女性の心強い味方なんですね

そんなマンゴスチンの抗炎症作用を使いやすく商品化したのが、ニキビや吹出物にパワーを発揮するマンゴスチン・フェイシャル・ジェルです。

このジェルタイプのマンゴスチン石鹸は、マンゴスチンの抗炎症作用だけでなく、抗酸化作用によって、皮膚の表面にいる雑菌の殺菌や、シミやシワ・老化の原因と言われる活性酸素による肌のサビを落としてくれるのです。

しかも、シルクが配合されていて、紫外線がお肌を守るので一石三鳥でしょうか。とってもオススメです。ぜひ、どんなものか見るだけでも見てみてほしいです。

肌のことを気にするのは、何も女性だけではありません。ニキビや油肌に悩む男性のためにマンゴスチンジェル・クールというジェルタイプのマンゴスチン石鹸があります。

さっぱり感と同時にニキビなどの炎症を抑える作用も期待されて、クールに決めたい男性にオススメですよ。

 


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
参考グッズ
●マンゴスチンとその主要成分キサントンの薬理効果についてはこの2冊で詳しく勉強
【驚異のマンゴスチンパワー】
【奇跡の健康フルーツ「マンゴスチン」】



プロフィール